トップ / 将来に向け介護施設を

介護施設の特徴を利用すること

介護施設は厳密には3種類しかありません。特養、老健、介護療養型医療施設です。このうち介護療養型医療施設の利用は入院とほぼ同意語になっています。主治医の許可がいるなど入居は厳しい場合が多いです。実質的には、特養か老健への入居になります。特養に関しては、要介護3以上の人に条件が厳しくなっています。また、独居であるとか様々な要件でポイント制になっていて、そのポイントが高い人を優先に入居を認める仕組みです。このため要介護3以上の認定が出たときには、満床にしても申し込みだけでも済ませておくのがよいでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 住まいについて考える. All rights reserved.