トップ / 浸水対策について準備する

天然無垢材の注文住宅で浸水対策

天然無垢材の一戸建ては、床下施工を調整できます。建売分譲よりも床下を深めに施工してもらうことが可能です。床下を深めに施工しておくと、浸水対策に効果的です。河川の氾濫やゲリラ豪雨の水が床下に溜められるので、床上浸水の予防効果が高くなります。天然無垢材は腐敗しにくいので、土台や柱が濡れても丈夫です。腐敗しにくい天然無垢材で建築しておくことも浸水対策として効果的です。注文住宅を設計するときに、床上浸水しにくいように依頼するのがポイントです。

↑PAGE TOP

© Copyright 住まいについて考える. All rights reserved.